自己破産の無料相談ナビ ※24時間365日相談受付

自己破産したらどうなるの?

 

自己破産を考えている人にとって、自己破産したらその後の生活がどのようなものになるのかとても気になるところだと思います。イメージ的に、財産もお金もない最悪な状況になることを予想している人もいるようです。はたして自己破産後の生活の実態はどのようなものなのでしょうか?良い点、悪い点の両方を見てみましょう。

 

その前に!自己破産以外の手段がないかチェックを

 

借金が返済できなくなったら自己破産しかないとお考えの方もいるかもしれませんが、借金整理方法は自己破産だけではありません。自己破産よりもデメリットが少ない借金整理方法もあります。まずはあなたには自己破産以外の手段で借金整理をすることは可能かどうか調べてみましょう。

 

悪い点その1:自己破産したらローンが組めない

 

自己破産をすると、あなたが自己破産をしたという情報が信用情報機関に事故情報として登録されます。ブラックリストに載るなどとよく言われるのはこのことです。

 

このブラックリスト登録期間はだいたい7~10年ぐらいのことが多く、その間はローンを組むことが大変難しくなります。クレジットカードの作成も同じく厳しくなります。

 

ローンを組めないこと、クレジットカードを使えないことを不便だと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、ローンが組めないことによってさらなる借金が増えることもなく、買い物やお金の使い方の勉強になる良い機会とも言えるでしょう。

 

悪い点その2:自己破産したらマイホームを失う

 

自己破産をしたら、自己破産者本人名義で所持しているマイホーム・別荘・土地などを手放さなくてはいけなくなります。これらがお金に換えられて債権者への返済へと充てられるためです。

 

それらを手放さずに借金整理をする方法としては、自己破産ではなく、個人再生や任意整理といった方法があります。個人再生や任意整理は、自己破産とは違って借金がゼロにはならず、減額という形になります。そのかわりマイホーム・別荘・土地を手放さずに済みます。

 

自己破産、個人再生、任意整理…借金の借入状況によってどの方法が適しているか変わってきます。

 

悪い点その3:自己破産したら一定の職業にしばらく就けなくなる

 

自己破産をしたからといって、そのことが勤めている会社に通知されることはありませんし、もし会社に知られてしまっても自己破産が原因でクビにすることは出来ないことになっているので、その点は特に心配はいりません。

 

ですが自己破産の免責確定までの間(半年~1年程度)、以下の職業だけは制限を受けることになります。

 

弁護士・司法書士・公認会計士・税理士・公正取引委員会委員・宅地建物取引業者・警備員・生命保険募集員・損害保険代理店・日本銀行の役員・旅行業者など

 

これらの職に就いている方だけは注意が必要です。

 

良い点その1:自己破産したら借金がゼロになる

 

自己破産の1番のメリットはこれまで自分が抱えていた借金がゼロになることです。

 

マイホーム・自己破産以降の10年ほどの新規借り入れ・一定の職業など、失うものもその分ありますが、ゼロからまっさらな状態で人生をやり直すチャンスです。

 

良い点その2:自己破産したら精神的な負担からも解放される

 

自己破産をすると借金がゼロになるので肩の荷がおります。また、それまで取り立てや督促の連絡がきて追いつめられていた状況からも解放されます。借金返済や取り立てに追われなくなるというのは精神的にとても晴れ晴れとした気持ちになれます。

 

良い点その3:デメリットも人によってはかなり少ない

 

上に記したの自己破産悪い点ですが、もしも自己破産者本人名義のマイホーム・別荘・土地がなければそれらを手放すことはありませんし(ないのですから当然ですね)、仕事も一定の職業に就いていなければ何ら問題はありません。人によってはデメリットがとても少ない場合もあるのです。

 

まずは専門家への相談を

 

自己破産をするべきかどうか?自分には自己破産が最もふさわしい借金整理方法なのか?

 

まずは無料相談を利用して弁護士に相談して的確なアドバイスをもらうことが解決への第一歩です。

 

過去に借金整理の解決実績が豊富な法律事務所の無料相談を利用すれば、あなたに1番合った解決方法を提示してくれるでしょう。

 

 

 

 

自己破産は、借金を帳消しにする分、その後の生活が悲惨なものになるというイメージがあります。家も財産も職も、全てを失って生活が困難になると思い込んでいる人がいるようです。しかし実際自己破産を経験した人にとっては、そのイメージは全て嘘であることが分かります。自己破産後も、ある程度の制約はつきますが、以前と同じ用に暮らすこともできますし、選挙権も取られる心配もありません。仕事にも就くことができます。もちろん自己破産したことは、自分自身で他人に対して口外しなければ、職場の人間や知り合いに知られることもありません。ですから、自己破産を申請したからと言って、その後の生活が悲惨なことになるというのは間違いなのです。しかしながらある程度の変化はあります。例えば、自己破産をした後は、その記録が個人信用情報機関に登録されてしまいます。そのために、その後5年から7年間程度の間(平均)、ローンやクレジットカードなどの借入れができなくなってしまうのです。自己破産したことは、上記に書いた通りに、自分から口にしない限り他人に知られることはありませんが、情報機関には伝達される仕組みですので、この点には注意しましょう。免責さえ手に入れば、ローン関係以外は以前と同じように生活できるようになります。これらの点を踏まえた上で自己破産をするか、他の手段で借金問題を解決するのか、法律事務所の無料相談でアドバイスをもらうことができます。

 

自己破産の無料相談ナビ

自己破産したらどうなるの? ※自己破産後が不安なあなたの悩みを解決!記事一覧

自己破産後の生活って実際どう?

何気ないつもりで借りたお金が積み重なり、返済が苦しくなってしまうことは多々あるものです。返済だけでなく毎日の生活に必要なお金すら確保できなくなった場合に、選択されるのが自己破産という方法です。これは裁判所に申し立てた上で、全ての借金を免除されるというもので、決定した時から返済の必要はなくなります。し...

≫続きを読む

 

自己破産すると後悔する?

借金がどうしても払えないという場合は自己破産が選ばれることがあります。自己破産を行うと、借金の返済義務はなくなり、返済のことで悩まなくて済むようになります。そして破産後に得た収入については自由に使えるようになり、新しく人生をやり直すチャンスが得られます。とはいえ、自己破産の場合はメリットばかりではあ...

≫続きを読む

 

自己破産後、何年で住宅ローンや自動車ローンを組める?

自己破産後、何年でローンを組める? ※住宅、自動車など自己破産をすると借金がゼロになるというメリットがありますが、デメリットも存在します。もっとも大きなデメリットは、自己破産後しばらくはローンを組めないことではないでしょうか。自己破産をすると信用情報機関(ブラックリスト)に載ります。ローンを組むとき...

≫続きを読む

 

奨学金は自己破産したらどうなるのか

奨学金制度を利用して学生生活を送っていた方は、卒業後にそのお金を返済していかないといけません。ただ、その後の生活状況によっては奨学金を返済することができず自己破産に至ってしまう方もいますので、借りる時にはその後返済できる生活を送ることも重要になってくるのです。とくに、学校を卒業後に正社員にならずにア...

≫続きを読む

 

自己破産後もクレジットカードを使いたい!可能?

借金問題を抱えている方の多くは、誰にもその借金の存在を打ち明けることができず、場合によっては家族にも内緒で一人で苦しんでいる方もいらっしゃいます。特に多重債務に陥ってしまっている方に関しては、返済のためにまた借金をするという状態になっていますので、借金は一向に減らず、どんどん膨らんでしまう場合がほと...

≫続きを読む

 

自己破産すると携帯電話を買えない?

自己破産をする際、キャッシングやカードローンなどの他、携帯電話の代金を滞納をしていれば、それもまた免責許可の対象となります。携帯電話の代金というのは、数ヶ月、滞納が続いただけで数万円程度になっている事が珍しくありません。その滞納している料金も免責許可を受けて、支払い義務がなくなれば、楽になると考えて...

≫続きを読む

 

自己破産の体験談※破産後のリアル

最近は、気軽にお金を借りることができるので返済ができなくなる人が増加しています。また、それに伴い自己破産をする人も多くいます。その中の1人に自分も含まれています。自己破産した人の体験談を見ると、自分と同じように安易にカードローンを借りてしまうことです。初めの頃は、緊張していたのに慣れてくると金額が高...

≫続きを読む

 

自己破産の失敗談※失敗から学ぶ借金解決

法律の専門家である弁護士や司法書士を通じて、裁判所に申し立てを行うことによって借金を全額免除してもらう手続きを「自己破産」と言います。自己破産は、債務整理の中でも最終手段として行うもので、借金を帳消しに出来る代わりに様々な代償が生じます。まず、自己破産をすると自分の信用情報にその事実が記載されるため...

≫続きを読む