自己破産の無料相談ナビ ※24時間365日相談受付

任意整理をするとクレジットカードが作れなくなる衝撃事実

クレジットカードは非常に便利な存在であり、今すぐに代金を支払うということが出来ない買い物であってもカードが1枚あれば後払い、場合によっては分割払いと言う形で対応をしてもらうことが出来るようになります。
加えて最近ではインターネットショッピングなどもかなり広く普及しましたから、そうした直接店舗と顔を合わせない状態での支払においても活用できます。
ですがこのクレジットカードという存在を語る上で注意が必要になるのが「任意整理」の存在なのです。
実際のところ任意整理に限らず債務整理であればほぼそうなのですが、債務整理をした後は数年間、このクレジットカードの契約が出来なくなってしまうのです。
ではこれはどうしてなのかと言うと、重要なのは「後払いは信用があって初めて応じてもらえること」だからです。
例えばカード会社がカードを発行して、契約者が店頭でカード払いで決済をしたとします。
この中では契約者がカードを通じてカード会社に対して「来月末に払いますから立て替えてください」として申込みがされています。
カード会社はその依頼に応じて一時的に代金を立て替えて、そして翌月末になると契約者の口座から先に建て替えた代金と、もし手数料や金利が発生するようであればその分も含めた金額を引き落とします。
これがクレジットカードを使った決済の流れなのですが、これは契約の際の審査というステップで「この人なら立て替えに応じてもしっかり支払ってくれるだろう」という判断が出来たからこそ成立するものです。
しかし任意整理を含む債務整理の履歴は審査の際に必ず確認される個人信用情報というデータに記録されています。
するとカード会社は審査のために個人信用情報を確認して「この人は過去に任意整理をしている」ということに気付くのですが、そこに気付かれてしまうと高確率で「もしかしたら契約をした後でまた同じことがあるかもしれない」という判断に繋がりますから、結果として契約が出来ない、断られてしまうということになるのです。
任意整理よりも先につくっていたクレジットカードであれば継続して利用できる可能性はあるのですが、カードは数年に一度、契約を継続しても良いかどうかを判断するための再審査が行われることになっています。
ほとんどの場合はカードの有効期限が切れるころに行われるのですが、再審査でもし債務整理の情報が個人信用情報に記録されていたのであれば、契約を更新してもらえない可能性が出てくるでしょう。
どのような方法であれ債務整理はその人の信用を大きく損なうものですから、債務整理に踏み切る前には冷静に一度、考えてみるようにしてください。