自己破産の無料相談ナビ ※24時間365日相談受付

任意整理|返済期間はどのくらい?

任意整理は債務整理の中でも一番行いやすいと言われているものです。自己破産や個人再生などは裁判を行わなければなりませんが、債務整理は債務者の代理人と債権者の話し合いで決定されるので、いろいろなことに融通が付きやすいというのもメリットになります。その中の一つが返済にかかる期間です。自己破産は返済義務がなくなるため関係ありませんが、個人再生の場合は特別な事情がない限り3年間で債務を返済しなければなりません。任意整理の場合にも返済期間が定められますが、3年~5年での返済が求められます。その際、何らかの収入があり、繰り上げて返済ができるようになった場合、個人再生では3年間で返済することを条件に、借金の額が最大で10分の1にまで減額されます。2年以内での返済計画は認められていないため、個人再生が決定してから短期間で繰り上げ返済を行う場合には債権者の心証はあまり良くありません。また、法律で定められた「債権者平等原則」というものがあり、特定の債権者の債務だけを繰り上げて返済することはこの債権者平等原則に反してしまいます。「すべての債務額を一括で返済することができるだけのお金が手に入った」というような場合には、全ての債権者に平等に返済を行っているということで、繰り上げて返済してしまうことに何ら問題はありません。
それに対して任意整理の場合には、自分で債務整理をする会社を決めてその1社ずつと話し合いによって返済期間や利息の軽減などの話し合いを行って行きます。裁判を行うわけではないため、自分で債務整理を行う会社、行わない会社を選択することができます。それぞれの会社と話し合いによって3年での返済を求められたり、5年での返済を認めてもらえたりするため、債権者に平等に返済しなければならないというような縛りはありません。そのため、どこか1社だけを毎月のように集中して毎月のように繰り上げ返済を行っていき、その1社の返済が終わったら別の会社の債務を集中的に繰り上げ返済していく、という方法も可能になります。このように繰り上げ返済を行って行くと、当初は5年で計画していた返済期間が短縮されて3年後には借金がないという生活になることもできます。
一言で債務整理といっても、債務の状況や収入によって適した方法が違ってきます。弁護士や司法書士とよく相談して、自分にぴったりと合った債務整理を行うことが一番重要なポイントです。