自己破産の無料相談ナビ ※24時間365日相談受付

任意整理がおすすめ|財産処分なしで借金を解決する方法

借金が増えてしまう理由としては、消費者金融などの貸金業者から借り入れを行った結果として、返済できなくなってしまうことが挙げられます。
ひとつの金融業者から融資を受けて、指定されている期日までに返済ができないときには、別の金融業者から融資を受けて支払う人が多いですが、そのような事態に陥ったときには多重債務を抱えていますことが予想されます。
借金で首が回らなくなったときには、できるだけ早い段階で弁護士などの専門家に相談することがおすすめとなります。
専門家への相談を躊躇する理由としては、費用の問題があると思いますが、経費をかけずに相談したいときには、初回相談を無料で行っている法律事務所もあることから、無料相談を上手に利用することがおすすめできます。
借金問題を解決するための方法として債務整理を行うことが可能ですが、自己破産を選択したときには全ての財産を処分しなければならないという問題があります。
住宅や自動車などのように、生活に密接に関わりのある財産を保有しているときには、自己破産よりも任意整理を行うことがおすすめできます。
任意整理であれば、自己破産のように保有している財産を処分する必要がなくなり、弁護士などに依頼することによって、整理を行いたい貸金業者を選択できますので、残しておきたいローンと整理をする借金を区別することが可能です。
任意整理の手続きを弁護士に依頼することで、代理人として貸金業者と交渉をしてもらうことになり、将来の金利の支払いをカットしてもらうことや、返済できる範囲内での借金額を減額してもらうことが可能となります。
任意整理は減額された借金を3年ほどの期間で、分割返済をしていく手続きとなりますので、自己破産のように完全に返済義務を免除されるようなことはありません。
従って、継続的に借金の返済を行える経済的な能力を持っていることが条件となります。
裁判所を経由しない手続きになりますので、弁護士などに依頼しておくことで債務者にとっては負担が少ないメリットがあります。
任意整理のデメリットとしては、法的な拘束力のない手続きとなることから、相手方である債権者の態度によっては和解が成立しないことが考えられ、その場合には別の債務整理の方法を検討しなければなりません。
また、債務整理の手続きを行うことになりますので、個人の信用情報機関に登録されて、手続きをしてから5年間ほどにわたってクレジットカードの発行や、新規のカードローンの申込みをしても審査に通過できないことを、デメリットとして把握しておく必要があります。